板金塗装料金

ゴールデンウイーク中に事故

更新日:



毎年思うのですがゴールデンウイークの事故はホント多いですね。

今年も例年通り、休み明けに出勤すると事故車がイッパイ!!



僕らが出来る事は、少しでも”早くて綺麗で安く直す”事だと思います。

さて、ゴールデンウイーク中に”事故が起こった場合の注意点”がいくつかあるので記事にしてみます。

まずは安否確認

事故が起こったらまずは被害者加害者にかかわらず安否確認をしましょう。状況に応じて救急車が必要であれば救急車を呼びましょう。そうする事で後々の問題が起こった場合でも有利に働くと思うようにしましょう。

その場で示談せず必ず警察に連絡して来てもらう。

これはゴールデンウイーク中に限ったことではないのですが、「時間が無いのでこの場で連絡先だけ交換して後日にしましょう。」と相手から相談されることがまれにあるようです。この様な場合でもすぐ警察に必ず通報します。自動車保険は、警察が発行する事故証明書がないと保険金を支払ってくれません。事故の発生状況についても自分の言い分を説明し、実況見分調書や供述調書を作っておく事が、後々紛争になった時の為にも必要です。

保険会社にも必ず連絡する。

連絡する事で、事故直後から速やかに被害者に連絡をとって対応を始めてくれます。事故後すぐに病院での治療費の支払いも問題となりますが、保険会社に通報しておけば、保険会社が対応してくれます。また、もらい事故の場合でも一応連絡はしておきましょう。契約にもよりますが、もらい事故でも使える特約などがある場合があるからです。相手側との連絡も保険会社同士で行ってもらえてスムーズに事が運ぶと思います。

修理工場を決める。

加害者の場合と被害者の場合と双方に過失がある場合で変わってくるとは思うのですが、警察、保険会社の連絡が終われば後は修理工場を決めましょう。人生のうちに事故という経験は数えるくらいしかないと思うので板金塗装会社はわからないという方も多いと思います。そういった場合は保険会社に修理工場を紹介してもらいましょう。

あとはゴールデンウイーク明けから事が進んでいきますが連休明けは保険会社も板金塗装会社も自動車部品商もホント大忙しなので修理完了、示談までの時間が通常時より多少長引くと思います。ここはどうしても仕方ないと思います。

板金塗装は殆どが手作業です。無理に早く修理すれば仕上りは多少落ちます。元の綺麗な状態に戻す為と思って少しの間だけ慣れないとは思いますが代車で我慢しましょう。

それでは!



-板金塗装料金
-,

Copyright© 板金塗装ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.