修理

ドアハンドルの爪跡消し

更新日:

黒っぽい車に乗られてる方は気になる所だと思うのですが、ドアハンドル付近にどうしても爪でひっかいた様なキズが入ってしまいます。自動車メーカーではオプションでキズ防止のシールや、自動車用品店にも汎用のキズ防止シートが販売されていますね。

今回はドアハンドルの爪跡消しを記事にしてみます。(b´∀`)

コンパウンドとウエスを用意

今回は以前記事にしたボディのキズ消しで使用したFMC8000LSを使います。無い方は粗目のコンパウンドを使ってください。ウエスはどんなものでも良いと思います。使わなくなったタオルとかで十分だと思います。

適量をウエスに付ける

大体あずき位の大きさのコンパウンドをウエスにつけ、傷の部分を擦っていきます。イメージ的には少し押さえつける感じで小さな円を描くように30秒位磨いてみましょう。注意しなければいけないことは、同じ部分ばかり磨かないことです。粗目のコンパウンドは磨きすぎると車の塗料まで削り取ってしまいます。時々様子を見る癖をつけ様子を見ながら磨いていきましょう。

磨いているうちにコンパウンドが無くなってきて透明感が出てきました。ここまで来たらウエスのコンパウンドの付いていない部分を使ってボディについたコンパウンドを綺麗に拭き取ります。拭き取った時キズが無くなっていることを確認します。少し残っているようでしたらもう少し磨いてみてください。

仕上げ

次に細目のコンパウンドを用意します。今回はこれまた以前使用した3MのQT-2です。粗目で磨いたままではキズは消えているのですが艶が無くくもった状態になります。なので今度はこのくもりを消す為に細目のコンパウンドを使います。

磨き方は同じで、細目コンパウンドを小豆サイズとりウエスに付け、少し押さえつけるようにして円を描くように磨いていきます。するとみるみるうちに艶が出てくると思います。この細目のコンパウンドで磨き過ぎて塗料まで削ってしまうという事はまず無いので安心して磨いてください。

くもっていた艶も出てキレイになりました。爪跡も薄くなってますね。

まとめ

大体ここまでの所要時間が3分位になります。大概、運転席のドアハンドルがキズが一番多く、他のドアハンドルはキズが少ない為、4枚ドア、5枚ドアのハンドル全て磨いても10分あればキレイになると思います。

コンパウンドの使用量も少ないので少量のコンパウンドを用意しておけば何度か使えると思います。

洗車をしててドアハンドルの小傷が気になるようであれば是非挑戦してみてください。

それでは!

ソフト99【補修用品】液体コンパウンドトライアルセット 80ml×3種 <超鏡面に仕上がる超微粒子タイプ研磨剤> soft99

価格:1,647円
(2019/5/29 18:56時点)
感想(41件)

-修理
-, ,

Copyright© 板金塗装ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.