修理

ヘッドライトを磨いてピカピカにしよう

投稿日:

長く車に乗っているとヘッドライトの黄ばみや曇り等が気になってきませんか?せっかく洗車をして綺麗になってもヘッドライトが黄ばんだり曇っていると何か綺麗になった気がしませんよね。そういった場合あまり酷くなければ自分で綺麗にする事が可能です。今回はヘッドライトの汚れを綺麗にするお話です。

黄ばみや曇りの原因

昔のヘッドライトはガラス製が多く黄ばむ事も無かったのですが最近のヘッドライトは樹脂製(ポリカボネート)で出来ており、紫外線に弱い特性があります。その為、特殊コーティングが施されているのですが長年乗っていると洗車や紫外線等でコーティングが剥がれていき、更に紫外線によりポリカボネートが劣化し、ヘッドライトの黄ばみや曇りに繋がっていきます。その為、頻繁に洗車していたとしても、屋根の無い駐車場に止めている車の場合、ヘッドライトが劣化し、黄ばみや曇りが発生するのは避けられません。

内側に原因がある場合も

黄ばみや曇りの原因は必ずしもヘッドライトの表面や外側だけにあるとは限りません。ヘッドライトの内側で起きているトラブルが原因となっている場合もあります。劣化により、ヘッドライトレンズとヘッドライト本体の間に小さな隙間ができ、そこから水分が内側に付着し、ヘッドライトを点灯することによってヘッドライトの内側に黄ばみ・曇りやカビが発生してしまいます。ヘッドライトの内側に黄ばみ・曇りの原因がある場合は、表面を磨いても効果が薄いので、近くの板金塗装屋さんなどに相談するのがよいでしょう。

そのままにしていると・・・

黄ばみや曇ったヘッドライトは見た目が良くないのも気になりますが、夜間走行時、ライトを点灯しても暗くなってしまい、見えづらくなってしまいます。最近ライトが暗いと感じたら、それは黄ばみや曇りが原因かもしれません。また、あまり暗くなると車検に通らなくなる可能性もあります。

ヘッドライトを磨いてみよう

今回はこの様なヘッドライトの黄ばみをコンパウンドで磨くことで綺麗にしていきます。使う道具は前回”コンパウンドで車のキズを消す”で紹介したアストロのポリッシャーとFMCのLS8000コンパウンドとマスキングテープを使います。

こちらが黄ばみや曇ったヘッドライトになります。ボディはピカピカなのにヘッドライトがこんな感じではとても残念ですね。綺麗にしていきましょう!

最初にヘッドライトの周りにマスキングテープを貼ります。

これはライト以外の部分を磨いてしまわないようにする為です。左右ともヘッドライト周りに綺麗に貼っていきます。テープの幅は広めの物を使うと良いと思います。

コンパウンドを付けてポリッシャーで磨いていきます。

コンパウンドを小豆位の大きさでヘッドライトに付け、ポリッシャーで磨いていきます。磨き方は”コンパウンドで車のキズを消す”を参考にしてください。

磨き後

どうですか?新品みたいに光ってますね!ピカピカです。こんな感じで左右磨いていきます。時間的にはこれ位の大きさ、汚れで左右で10分くらいで綺麗になります。ただしこのままではまたすぐ黄ばみが出てくるので、出来れば磨いた後にコーティングをすることをお勧めします。



まとめ

今回はポリッシャーとコンパウンドを使いましたがヘッドライト磨き用のケミカル用品はカー用品店に多数出ているのでそれを使用しても良いと思います。ただそういった物は時間や手間がかかるものが多く、なおかつあまり綺麗にならない(ポリッシャーで磨くより)事が多いです。

短時間でいつでも出来るようにポリッシャーやコンパウンドを1台持っておくのが結局、長く使え、お金がかからないと思います。

それでは!

ps ↓今回久しぶりにアストロポリッシャーみたら前買った時より2000円位安くなってました ( ノД`)シクシク…

【送料無料 あす楽】AP 電動ポリッシャー 950W | ポリッシャー 洗車 スポンジ 車用品 バイク用品 洗車用品 洗車グッズ 自動車 車 傷消し キズ消し 水垢取り 水垢落とし アストロプロダクツ アストロ シングルアクションポリッシャー スポンジバフ 掃除 艶出し 電ポリ 研磨器

価格:8,100円
(2019/6/14 20:09時点)
感想(56件)

肌調整ペーパー目消し用コンパウンド【容量1kg】FMC8000-LS 液体 石原ケミカル ユニコン

価格:3,088円
(2019/6/14 20:11時点)
感想(0件)

-修理
-,

Copyright© 板金塗装ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.